「絶望」の裁判所

[弁護士 吉 田 恒 俊]

今年の残暑見舞いで、わたしは、”元裁判官の『絶望の裁判所』という本があります。最近私も、誰もが執行猶予だという被告人が実刑にされて「絶望」しました。”と書きました。この件は、去年3月の弁護士ブログでも「これでいいのか刑事裁判」と題して触れました。この不当に執行猶予を受けられなかった事件は、その後最高裁でも三下り半の決定で確定し、いよいよ9月初めに収監されることになりました。
70歳を超えた高齢の女性に1年あまりの懲役はきついと思います。前科は40年前の詐欺等1件だけ(それも執行猶予がついていた。)、全額弁済の供託をし、見守り役の娘さんと2人暮らし、しかも事業を経営しているというのですから、偏見がなければ、絶対に執行猶予が付くケースと考えられます。

「わが国の刑事裁判はかなり絶望的である」とは、1985年に、刑事法の大家だった平野龍一・元東大学長の言葉であります。80年代には免田事件や財田川事件、松山事件、島田事件と、死刑再審が相次いで、いずれも無罪となりました。

最近、この言葉が再び刑事裁判に投げかけられています。2010年の足利事件、2011年の布川事件、2012年の東電女性社員殺害事件、そして今年の東住吉放火事件と毎年のように再審無罪の判決が出ています。いずれも無期懲役が確定した人に再審が開始され、無罪の判決が確定しています。状況はやはり、かなり絶望的であります。なぜなら、これらの事件は氷山の一角で、その底辺には膨大なこれに類する絶望的裁判が横行していると考えられるからです。

私の経験した事件は、300万円で売った土地の横領事件で、判決も「懲役1年2月」という小さな事件ですが、裁判官が検察官の顔色を窺い、起訴されたら有罪という偏見を持っている点は何ら改善されていないところは、上記再審事件と同じです。

『絶望の裁判所』を書かれたのは元判事で現在明治大学法科大学院教授の瀬木比呂志氏です。彼がここで言っていることは刑事裁判よりも民事裁判についてですから、もっと深刻です。圧倒的に民事裁判が多いわたしも納得できるところが多いので、病弊は刑事裁判に止まらないと言えます。瀬木氏は、最高裁事務総局の支配と統制に触れ、その支配の下にある裁判官たちについて、「檻」の中の裁判官=精神的「収容所群島」の囚人たち、とまで呼んでいます。裁判の独立はどこへ行ったのでしょうか。

わたしはまだ民事裁判のすべてに絶望してはいませんが、何人かのひどい裁判官に当たって苦労したことがあります。その上、上記の刑事裁判を経験したことから、「絶望」にカッコを付けて裁判一般への警鐘としたものです。本当に裁判に絶望したら弁護士はやっておれないですから。

何事にも例外はあります。わたしは刑事でも民事でも立派な判決をする裁判官がおられることを否定しません。瀬木氏の本を読んで反発される裁判官も納得される裁判官もおられることと思います。要は個人を超えた制度の問題が大きいのです。

安倍チャンネルを許さない-NHK放送受信料裁判を ご支援ください

[弁護士 佐藤 真理]

籾井勝人氏はNHK会長に就任した際の会見で、「政府が右を向けという時にNHKは左を向くことができない」と発言しました。以来、NHKの「安倍チャンネル化」(政府広報化)がいっそう進んでいます。

放送法には、テレビを購入すると、NHKとの間に、放送受信契約を結ばなけれならないと規定されています。この規定を根拠に、市民が、NHKの放送を受信するか否かにかかわらず、NHKは放送受信料を徴収しているのです。

Aさんは、約3年前からNHK放送受信料の支払いを中断していたことから、NHKは、昨年10月、34か月分の放送受信料4万3980円の支払請求訴訟を提起してきました。

裁判は奈良地裁で、本年3月4日から始まりました。私たち被告弁護団は、「放送受信契約は、受信の対価として受信料を支払うという継続的な『有償双務契約』である。市民は受信料を支払う義務があるが、他方、NHKは、放送法を遵守した放送を提供する義務を負っている。NHKが放送法第4条等が規定している「政治的に公平であること」、「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」などの義務を履行しない場合には、市民は、受信料の支払いを拒み、または一時留保することができると主張しています。

ところが、5月13日の第2回口頭弁論において、担当の森川裁判官が、突然予告もなく、「弁論終結」と宣言しました。
被告代理人の私が強く抗議し、「被告側はまだ主張立証を予定している。原告の主張への反論を準備している」と指摘して弁論の続行を求めましたが、森川裁判官は一言も発言せず、立ち上がったため、私は裁判官の忌避を申し立てました。被告のAさんを支援している「NHK問題を考える奈良の会」が提起した「森川裁判官の忌避を求める請願署名」が急速に広がり、5月24日までに合計1799筆が裁判所に提出されました。忌避申立てに関しては、現在も大阪高裁で審理中です。

私たちは、早期に弁論再開を勝ち取り、「安倍チャンネル化」しているNHKの報道の現状を告発し、その是正が図られない限り、放送受信料の支払いを一時留保できる権利の確立を求めて、全国的なたたかいを発展させていくつもりです。
ご支援をよろしくお願い致します。
2016年7月1日
佐藤真理

大神神社にて

[ 弁護士 岡本 洋一 ]

先日、大神神社に参拝し、三輪山に登拝してきました。連休ということもあり、結構な人出でした。関東圏や九州圏ナンバーの車も散見しました。三輪山

皆さん、拝殿の向こうにある山を拝んでいました。また、三輪山の中腹や頂には巨石群がありますが、皆さん、巨石を拝んでいました。私も皆さんに倣いました。大神神社に参拝し、三輪山に登拝すると、大変清々しい気持ちになります。

三輪山は神奈備であり、カミの鎮まる山です。その中腹や頂にある巨石群は磐座であり、カミが鎮座するところとして、古代から祭祀が行われてきました。
古事記によれば、三輪山にオオモノヌシノカミを祀ったのはオオクニヌシノミコトです。オオクニヌニノミコトが活躍したのは、弥生時代?でしょうか。おそらく三輪山は、オオクニヌシノミコト以前の時代からすでに、神奈備として崇められてきたものと思います。そうすると、数千年前くらいから、三輪山は人々の信仰の対象になってきたのでしょうか。

信仰の形、祭祀の形態は、時代とともに変容してきたとは思います。もっとも、三輪山が数千年に渡って、人々に崇敬されてきたのは事実でしょう。こうした伝統や風習は非合理的とも思えるかもしれませんが、大切にしたいものです。

奈良に住んで3年ほどになりますが、歴史、伝統の重みが感じられる、奈良はすばらしいところと思います。

今年の桜あれこれ

弁 護 士 吉 田 恒 俊

今年の桜は特に綺麗でした。どなたもそうおっしゃいますから本当に美しかったのでしょう。私も自宅の2階から見る桜に引かれて、妻を乗せて車で近くまで行き、そこから初めての道路を誘われるように進んでいきますと、近大農学部の入り口の桜並木にぶつかりました。並木は100m以上はあるでしょうか、両側から6mくらいの通路を覆うように満開の「染井吉野(ソメイヨシノ)」が続いています。手前の駐車場に車を止めて入っていきましたが、たわわな花が顔に触れるほど近いのです。大学は宣伝はしていないようですが市民に開放しているそうですから、不法侵入にはなりませんからご安心ください。並木の奥にも池を囲んで沢山のみごとな桜がありました。

ちなみに染井吉野は元々1本の木から増やされて全国に広がったので、DNAが同じということになります。一卵性双生児と同じで、みんなそっくりなのです。だから、同じように咲いて同じように散ります。今では全国の桜の名所のうち約8割が染井吉野と言われています。桜と言えば大抵染井吉野をさしていることでしょう。

しかし、桜は約100種類(一説には300という)もあるそうです。生駒市あすか野に宅地開発でわざわざ残された染井吉野の並木道があります。それは美事ですが、別に数年前からいろんな種類の桜の木が植えられいることに今年気付きました。ざっと30本(30種類)ぐらいあるでしょうか。その中で、「駿河台匂い(スルガダイニオイ)」という一重の白い花はえも言えない上品な香りがします。目の見えない人はこの匂いで桜の季節を感じるそうですが、私は桜の花の匂いをかいだのは初めてで、珍しい経験をしました。さらに、「須磨浦普賢象(スマウラフゲンゾウ)」という八重の桜は、花びらが緑色で、有名な「御衣黄(ギョイコウ)」とよく似ています。最後にご存じの「楊貴妃(ヨウキヒ)」もありました。八重という感じがしないスマートでかつ高貴な感じのするピンクの花です。まだ3メートルくらいの小木ですが、それぞれ堂々とした存在感がありました。

こんな話を30人ぐらいの会議の終わりに,時間が余ったので遊び心で話したのですが、帰ってから朝日新聞を見たら、その日の土曜特集版で桜のことが大きく取り上げていたので驚きました。そこでは、イングランドから里帰りした大きな一重の花を咲かせる「太白(タイハク)」の話が中心でした。

つまらないうんちくを傾けましたが、皆様も我が国伝統の花である桜への関心をさらに一歩進められては如何でしょうか。染井吉野とはひと味もふた味も違った沢山の桜に強い印象と愛着を持たれること間違いありません。

ちなみに上述の花の写真はネットで親切な方々が提供してくれていますので、そちらのご参考にして下さい。。
(2016/04/23)

これでいいのか刑事裁判

[ 弁護士 吉 田 恒 俊 ]

・絶望の刑事裁判
 かなり以前ですが、我が国の刑事裁判は絶望だと言った偉い刑法学者がいましたが、その状況はますます顕著になってきているように思います。体験した一例を報告します。

・執行猶予を付けない不当判決
 300万円の横領事件です。前科は50年前の1犯だけで、以後前科前歴は全くなく、利益を得ている共犯者は不起訴となっており、40歳の娘が同居して被告人の更正を約束しており、本人も自分の家業に力を入れて生活を立て直す決意をしています。しかも、被害者と示談は出来なかったのですが、被害額に損害金を加えて380万円を供託したので、実損はすべてカバーされたと同様でした。これで執行猶予が付かないとすれば、付ける事件はなかろうと思われる事案でありました。

 ところが、地裁でも高裁でも執行猶予がつかず、実刑でした。同種の他事件との比較から言っても執行猶予とされない理由がありません。理由としては、訴訟資料に現れていない事実(予断と言います)をもって判断したとしか考えられません。憲法の裁判を受ける権利及び法の下の平等に反するとしか言えない判決でした。

・密室での審理
 さらに、強姦や強制わいせつ事件でもないのに、弁護人はいるけれども被告人は別室に隔離されて証人尋問がなされており、証言を聞くことも出来ませんでした。ビデオでの目視も許されなかったのです。これは刑事被告人の権利を保障した憲法37条に反するものであります。しかも、証人の姿は傍聴席からも遮蔽されて見えなくされていました。これは裁判は公開の法廷で行うという憲法82条に反する事態です。私が担当したのではありませんが、法廷で実際に目撃した事実です。
 まさに密室での審理が白昼堂々と我が国憲法の下で行われているのです。
(2016/3/31)

刑事訴訟法の改正を許さない

[ 弁護士 吉田 恒俊]

 今、国会で刑事訴訟法等の「改正」案が審議されています。法案は、取り調べの録音・録画(可視化)のわずかな導入と引き換えに、警察・検察に盗聴捜査の拡大と、他人をえん罪に引き込む危険のある「司法取引」の権限を与えるものです。多くの刑事裁判を担当している弁護士、刑事法学者、諸団体が反対しています。

 これまで死刑再審無罪4事件や志布志(しぶし)事件、厚労省元局長事件、足利事件、布川(ふかわ)事件など、えん罪がひん発しています。最大の問題は、被疑者・被告人に対する密室での警察・検察による自白強要とその供述調書を偏重する裁判官にあります。

 法案は、重大な問題を持っています。第一は、通信の秘密、令状主義を侵す違憲の盗聴捜査(通信傍受)を飛躍的に拡大することです。プライバシー侵害がさらに大規模となります。

 第二の問題は、「司法取引」の導入です。被疑者・被告人のウソの供述を証拠に、犯罪と無関係の他人がえん罪で引っ張られた事件が少なからず起きており、共犯者の供述を「司法取引」で利用すると、えん罪の危険はいっそう高まります。

 第三の問題は、取り調べの録音・録画です。録音・録画の対象事件は、裁判員裁判で扱う事件と検察独自事件で、刑事裁判全体の2%にすぎず、その場合でも被疑者が十分な供述をしないと捜査官が判断した場合など録音・録画から除外できます。
 しかも、自白した時の録音・録画さえ出せば、途中の過程を隠してもいいというのですから、捜査側の自白強要が続くことは明らかです

 前回報告したような予断裁判や密室裁判は決して珍しいものではなく、ますます刑事裁判の傾向になりつつあります。人権保障の観点から悪法をチェックするという機能をこのような裁判所に期待することは出来ません。刑訴法の改悪には強く反対しましょう。
(2016/3/28)

貴い命を奪うことなかれ

弁護士 佐 藤 真 理

先月中旬、長野県軽井沢町でスキーバスが崖下に転落した事故で、15人もの若者が死亡するという痛ましい事故が発生しました。
 規制緩和政策による運転手の過酷な労働環境が生んだ悲劇であり、規制緩和政策について、「人命尊重」の立場からの抜本的見直しが必要と痛感しています。

 奈良県を東西に走る「名阪国道」は、「1000日道路」とも言われ、70年の大阪万博に間に合わせるために、山を削って強引につくったため、急カーブ、急傾斜が多く、自動車専用道路にもかかわらず、最高速度は60キロと制限されるという、いわくつきの危険な道路です。長らく、全国の自動車専用道路10キロ当たりの死亡事故発生件数が「ワースト1」といわれ、幾多の悲惨な事故があり、現在でも毎年10件近くの死亡事故が発生しています。

 名阪国道を通るとき、私はいつも20年ほど前の悲しい事故を思い出します。深夜、20歳の青年の連転するトラックが乗用車に追突し、車が炎上して若い男女4人が亡くなりました。居眠り運転事故でしたが、弁護を担当した私は執行猶予を目指して努力しました。
 父親の急死のため青年が大学を休学し、運送会社に動め出して25日目の事故でした。13日間連続で働き、事故直前3日間の拘束時間は一日平均16時間38分に及び、睡眠は2時間27分という極度の睡眠不足状態でした。事故前日は午後9時半に帰宅し、わずか1時間50分後に居眠り状態となり暴走したのです。

 禁固2年の実刑判決となりましたが、私は今では実刑でよかったのかなと思い直しています。4人の命を奪ったという重荷を一生背負う青年にとって、刑に服したことは多少とも心の救いとなっているのではと思うからです。
 青年とお詫びに上がった時、「あなたはともかく生きているんだから・・・」と涙ぐまれたご遺族の姿を忘れることができません。
                                                                    (2月2日)