残暑お見舞い申し上げます~ふるさと高知のこと~

[弁護士 山﨑靖子」

 立秋が過ぎ、お盆も終わりましたが、暑い日が続きますね。天気予報によれば、今月いっぱい暑い=熱い=そうです。
 さて、一週間ほど前、四国の小さな町が日本一で話題になりました。そうです。暑さ日本一になった高知県の四万十市です。私も高知県出身。日本一の場所は実家から車で3時間ほど。高知にこんな暑いところがあったとは。これは、お盆休みに行ってみなければ・・・・・と続くわけではありません。が、せっかく高知が全国的に話題になったので、思ったことを書いてみようと思います。
 
 四万十市をご存じでしょうか?四万十川は知っていても、四万十市は今回の日本一で初めて知ったという方も多いと思います。
 四万十市は、平成17年に中村市と西土佐村が合併してできた高知県の西にある新しい市です。ですので、高知出身の私にとっても、四万十市と言われても・・・・・という感じでなじみがありません。
 さらに、今回話題になったところは旧西土佐村。ニュースで聞いたとき、どこ????と思いました。
 そうは言っても私は高知の出。父親は高知の西の方の出身。もしや親戚がいるかも・・・と思って実家に電話しましたが、誰もいない、とのこと。
 ニュースで地元の人のインタビューを聞いていても、言葉もイントネーションも私の土佐弁と全然違う。
 改めて、高知は広い、と思いました。

 (最後に)甲子園では明徳義塾高校が大活躍中です(8月18日現在)。今年の高知は多方面の話題で暑い!ぜひ、暑い高知にお越しください。龍馬とアンパンマン以外の高知に出会えます。

広告