平和な島とは

[弁護士 北岡秀晃]

 日本の最西端の島、与那国島は、アルコール度数60度の花酒(泡盛)「どなん」でも知られる国境の島であり、是非とも行ってみたい島の一つです。
 この与那国町で、8月11日、陸上自衛隊の誘致を巡って町長選挙が行われ、経済効果を強調した誘致派の現職町長が勝利したというニュースがありました。有権者数1128名、投票率95.48%、わずかに47票差という島を二分した激戦でした。

 尖閣諸島から150キロしか離れていない与那国島には、中国との緊張の高まりや、台湾に近いこともあり、陸上自衛隊の沿岸監視部隊を配備しようという圧力が高まっています。8月13日の産経新聞のコラムは、「国境の島、与那国島の安全を守っているのは、2人の警察官と彼らの携行する拳銃2丁だけだ」と書き、これは驚くべき事実であるとして、周辺海域の防備を固める重要性を強調し、国が前面に出て島民を説得すべきと主張しています。

 しかし、本当にそうでしょうか。20年ほど前、鹿児島県の沖永良部島に行ったとき、玄関はもちろん家中の戸や窓を開け放して、みんなが家を出て行く様子を見て、犯罪もない平和な島だと驚き、うれしく思ったことがありました。与那国島も2名の警察官がいれば足りる安全で平和な島なのでしょう。ここに陸上自衛隊を駐屯させることが、本当に与那国島を平和で安全な島にするのでしょうか。むしろ、島の安全を脅かすことにならないのでしょうか。

 与那国島は、テレビドラマ「Dr.コトー診療所」のロケ地となったところでもあります。与那国島にはこちらの方がよく似合います。

広告