海軍兵学校へ(その1)

[弁護士 北岡秀晃]
2013.10.7 kitaoka

 広島で開催された日本弁護士連合会の人権擁護大会に参加したおり、一度行ってみたいと思っていた江田島の海軍兵学校に行ってきました。もちろん、今は海軍兵学校ではなく、海上自衛隊の幹部候補生学校、第1術科学校として使用されています。赤レンガの旧生徒館(明治26年完成)は、NHKの「坂の上の雲」などのロケ地ともなりました。

 明治時代に作られた海軍兵学校は、海軍将校養成のための教育機関であり、イギリス王立海軍兵学校(ダートマス)、アメリカ合衆国海軍兵学校(アナポリス)と共に最大の海軍兵学校と呼ばれていたそうです。明治の時代、富国強兵という強固な目的であったとはいえ「人づくり」に大きな力がそそがれたことがうかがえます。

 現在、1日に3回、内部の見学(無料)が許されています。決まった時間前に正門で受付を済ませると、海上自衛隊OBの方が案内し説明してくれます。所要時間は1時間30分、ただし個人的な行動は許されません。
この海軍兵学校の校舎には、昭和7年ころから掲げられた「5省」という訓戒があります。
 至誠(しせい)に悖(もと)るなかりしか
 言行に恥づるなかりしか
 気力に缺(か)くるなかりしか
 努力に憾(うら)みなかりしか
 不精(ぶしょう)に亘(わた)るなかりしか
ちょっと背筋が伸びる気がします。

 江田島は、呉港からフェリーで20分、広島港から高速船で30分程度のところにあります。軍港のある呉市は大空襲を受けましたし、広島市には原爆が投下されました。しかし、目と鼻の先の江田島海軍兵学校には、一発の爆弾も投下されなかったとのことです。

広告