過保護に育てられています

[弁護士 中谷祥子]

 私は、体調管理には自信がある方なのですが、少し注意散漫だったのか、先週久しぶりに風邪を引きました。

 月曜日、私がなんだか頭が痛いと言うと、吉田弁護士が症状を聞き取り、事務所に置いてある常備薬から症状に見合う漢方薬を探してくれました。

 火曜日、私が咳き込んでいたところ、山﨑弁護士がのど飴を一箱くれました。

 水曜日、引き続き顔色が悪い私を見て、藤澤弁護士がみかんをくれました。

 木曜日、意識朦朧としている私を見て、佐藤弁護士は、知り合いの漢方の先生に電話をかけ、その先生のところまで漢方薬をとりに行ってくれました。

 金曜日、ぐったりしている私を見て、藤澤弁護士が、法律相談の担当を代わってあげるから早く帰りなさいと言って、早退するよう勧めてくれました。

 また、事務局も心配して、毎朝入れてもらっているお茶が葛湯に代わっていたり、私の机の上にたくさんのど飴が置かれていたりしていました。

 そんなこんなで丸々1週間かかってしまいましたが、やっと体調が回復しました。

 先週は、所員の皆さまの温かさと優しさを改めて強く実感した1週間でした。この場を借りてお礼を申し上げたいと思います。いつもありがとうございます。

 今週から恩返しをするべく、またシャキシャキ働きたいと思います!

広告