私の好きな漫画

[弁護士 中谷祥子]

 突然ですが、私が最も好きな漫画は、「ガラスの仮面」です。
 国民的少女漫画(中谷調べ)であるこの漫画をご存知ない方がいらっしゃるのか(いや、いない。)。
 ・・・とは思いますが、念のため解説しておきます。

 ガラスの仮面は、平凡な女の子「北島マヤ」が、大女優「月影千草」に演劇の才能を見いだされ、演劇の道に進み、様々な困難にあうも、大都芸能の鬼社長「速水真澄」に紫の薔薇の人として影から支えられながら成長し、ライバルの芸能界のサラブレッド「姫川亜弓」と幻の名作「紅天女」を演じるために競い合う、という演劇漫画です(49巻分を一言で説明するのは難しいけれど、こんな感じでしょうか?)。

 少女漫画ですが、スポ根漫画要素を併せ持つので、どなたでも十分楽しめるのではないかと思います。
特に、平凡と思っていた「北島マヤ」が本当は天才で、天賦の才能を持っていると思われていた「姫川亜弓」が、本当は努力の人である、というところにこの漫画の面白さがあるように思います。
 やはり主人公を応援したい。一方で、努力すれば何でも叶う、というところを見たい。どちらにも紅天女になって欲しい。現在、ガラスの仮面は、何度目かの連載&新刊長期休止状態ですが、早く完結して欲しいような、どちらになるか決まってしまうのは嫌なような。(・・・ああでもやっぱりそろそろ終わって欲しいですよねぇ。)

 そうそう、この「紅天女」の舞台である「幻の梅の谷」、これは、奈良にあるとされています。
そして、マヤが「真夏の世の夢」を演じた野外劇場、マヤと真澄様が乗ったボート、マヤがバイトしていた茶屋があった場所は、「井の頭公園」だと思われるのですが、それは、吉祥寺にあります。
 吉祥寺は、私の実家の近くです。奈良は、当事務所のある場所です。大好きな漫画の所縁のある場所で、幼少期も現在も過ごすことができ、私はとても嬉しいです。マヤのように才能はないですし、亜弓さんのように血の滲むような努力ができているのか疑問ですが、マヤのように一心不乱に一つのことに取り組む姿勢や、亜弓さんのような気概は、持っていたいものです。
 全く語りたりませんが、今回はこの辺で。

つづく(かもしれない)
※ よくよく考えたら、ももクロ、ガラカメと、中谷のヲタク的側面を立て続けにご披露してしまいましたね。お見苦しい箇所がありましたらすみません。

広告