愛国心と誇り

[弁護士 北岡秀晃]

 安倍晋三首相は、欧米諸国との関係の深さを示すフレーズとして、「自由と民主主義、法の支配という価値を共有する」という言葉を多用します。このような価値を共有しない国の存在、中国等を念頭に置いたものと思われますが、果たして安倍政権が君臨する日本には、「民主主義」や「法の支配」はあるのでしょうか。
 安倍内閣は、従来の自民党政権が守り続けてきた憲法の解釈を変えることで集団的自衛権の行使を容認しようとしています。しかし、憲法は、国家権力を縛るものであり、だからこそ最高法規とされています。政権が、勝手に解釈を変えて、都合のいいようにすることが許されるなら、国家権力を縛る憲法はないに等しく、法の支配もありません。

 憲法は、主権者である国民によって制定されたものであり、その改変は国民投票によるという改正規定が定められています。しかし、一内閣の閣議決定で「解釈改憲」がなされるならば、日本には民主主義すらないと言わざるを得ません。

 他方で、安倍首相は、「愛国心」を訴えています。しかし、憲法が何のためにあるかを理解しない政治家が治める国に誇りは持てません。集団的自衛権を認めたいのであれば、きちんと憲法改正の手続を踏むべきであり、これを行わず、姑息にも解釈を変えることで憲法を変えてしまうことがまかり通る国は、「法の支配」が存在する国ではありません。こんな国の国民であることが恥ずかしい限りです。
 解釈改憲を許してはなりません。

広告