高知日記(続き) -争族

[弁護士 山﨑靖子]

1 79歳(母)は自分たち亡き後を心配しているようだ。子は私と兄(54歳)の2人である。

母は、自称「苦労した長男の嫁」。祖父の相続で父親の兄弟ともめて苦労したらしい。そのためか私に、「全部お兄ちゃんにあげたらいかんよ」と言った。
どういうことかというと、「嫁に行った娘は実家の遺産を相続しないものだが、全部をもらったらその人間はだめになる。だから、自分の教えを受けた娘(=私)は遺産をいらないというはずだけど、そうなれば大事な一人息子(=私の兄)がだめになる。だから、娘は少しだけ相続しなさい。」、ということだった(回りくどくてすみません)。

80歳近くになっても息子はかわいいんだなあと思った。
「放棄するはずないやろ。兄ちゃんと半分わけするき、安心してや。」と返事しておいた。その横で「もらったもんの勝ちや」と父(82歳)は言った。

2 「相続」を「争族」にしないために・・・・・

このフレーズはよく聞きますよね。うまいかけことばです。そのため、「遺言」を勧められることが多いと思いますが、本当に「遺言」があれば「争族」にならないのでしょうか。
弁護士になって18年。多くの遺産相続事件に関わりました。相続人の代理人として、あるいは調停委員として。

あの土地が欲しい、銀行預金が欲しい、あんな山はいらない、親の面倒を見たから多くもらう、兄貴は生前贈与してもらっているじゃないか・・・。
これらが本当に「遺言」があればクリアできるでしょうか?
確かに、遺言があれば、不動産の取り合いとか、預金の取り合いはありません。指定されているように相続するだけのことです。でもそれで「争い」はないのでしょうか?

法律上、子の相続分は平等です。しかし、遺言で分け方を指定すると、どうしても「平等」にはなりません。長男に分けた土地の価値と次男に分けた銀行預金が同額でしょうか?長男には墓の管理(祭祀の承継)をしてもらうから、多めに相続させる、という気持ちであったとしても子らが納得するでしょうか?差をつけられて、子らがその後も仲良くつきあいできるでしょうか。
また、子であれば遺留分もあります。

立つ鳥跡を濁さずとも言います。遺言を書く時は、死後の人間関係も考えましょう。

なお、子がいない方については、「遺言」があった方が良いと思います。配偶者と自分の兄弟姉妹(あるいはその子)が相続人となるケースが多く、縁が非常に薄い人間同士が相続するので、もめます。「世話をしてくれた姪にあげたい」とか、「妻に全部」とかの遺言があれば、もめません。

遺言や相続についてのご心配があればお早めにご相談ください。

広告