可愛いものを見ました

[弁護士 藤澤頼人]

 このブログの私の記事では、生き物を扱ったものが多くあります。うちの事務所の事務員さんもよく読んでいまして、「次も生き物ネタですか?」と聞かれたりします。
 はい、今回も生き物ネタです。

 ちょっと前のお盆の時期の話しになるのですが、鳥羽水族館に行ってきました。ここからですと、近鉄特急で大体2時間くらいです。
 行かれたことのある方はご存じかも知れませんが、とても大きな水族館でした。出かける前にはそのことを知りませんでしたので、とりあえず朝から水族館をみて、お昼から別のところでも行こうかな、と思っていたのですが、実際にはまる1日がかりでした。

 ジュゴンや、ラッコ、色とりどりの魚や地味な魚、カエルにザリガニ、ペンギンにアザラシ、それはもう生き物の・・・はて、楽園なのでしょうか?
 水族館にいる限りは、おそらく生存競争はないので、その意味では、生きるには不自由しない場でしょう。
 でも中にいる生き物は楽しいかな、と思ってしまったのも事実です。
 もちろん、見てる私はとても楽しかったです。ペンギンは近くでよちよち歩いてくれるし、いきなりアザラシ(オットセイ?)のショーが始まって、目の前で芸はしてくれるし。

 その中で私的ベスト可愛い大賞を受賞したのは下の写真のお二人です!
 ちなみにあまり可愛すぎて、何という名前だったのか忘れてしまうくらいでした。お昼寝といえばカピバラさんも可愛かったのですが、やっぱりこの亀さんのとぼけた仕草と相まってダントツでした。

kawaiimono

広告