「風に立つライオン」の周辺の人々

〔弁護士 山﨑靖子〕 

「風に立つライオン」は、原作さだまさし、主演大沢たかおの映画。日本人医師・航一郎(大沢たかお)の奮戦記ですが、映画ではなく、「風に立つライオン」公開記念スペシャル!~命のバトンをツナグ人々の物語~」を見ました。

 この番組そのものは映画の紹介というより、映画のモデルになった人や、そのほかの「命のバトンをツナグ人々」を紹介するドキュメンタリーのような作りでした。
 登場する人の中に、菊本照子さんという日本人女性がいます。彼女は日本で教師をしていたところ35歳でケニアに渡り、1987年にケニアの首都ナイロビの郊外に「マトマイニ・チルドレンズ・ホーム」を設立しました。映画の撮影にもこのホームは使われたそうです。
 
 菊本さんは文字通り「私財をなげうって」ホームを経営しています。自分の生活費は日本からの年金で、ホームの経営はわずかな寄付と野菜などの売上げでまかなっています。

 さてここからが本題。この「わずかな寄付」のわずかな一部が我が家の寄付金です。私と夫は30年前にナイロビで知り合ったのですが、その時に菊本さんとも知り合いました。ホーム設立までの苦労話も知っています。ですので、ホームには毎月ず~~~っと寄付し続けています。継続は力なり。わずかな寄付でも積もれば山となっている・・・はず

 数年前に菊本さんに会った時、継続的に寄付してくれる人が●人で・・・・という話が出て、私と夫が想像していた数と桁が少なくて仰天しました。
 一時的に寄付してくれるのもありがたいけど、継続する支援者を募るのは容易なことではありません。

 ホームにいる子のほとんどは親に遺棄された子です。子どもたちはマトマイニを家として育って自立していきますが。それにはお金がかかります。もしご興味がおありの方はよろしくお願いします。

 ホームの紹介はこちら⇒www.geocities.jp/scckenya/index.html
 菊本さんのブログはこちら⇒ameblo.jp/scckenya/entrylist.html

広告