夫婦別姓裁判について思うこと

〔弁護士 山﨑靖子〕

 明日12月16日、最高裁大法廷は、夫婦別姓を認めていない民法の規定が違憲かどうかを巡る訴訟の判決を下します。

 民法上、夫婦はどちらかの姓に統一しなければならず、ほとんどの夫婦が夫の姓を選んでいます。その規定が、個人の尊厳を定めた憲法13条や、男女の平等を定めた憲法24条に反するとして提訴した裁判です。
 
 夫婦別姓に反対する人たちは、家族の一体感が損なわれるとか、家族のきずなが無くなると言いますが、別姓を求める人は、夫婦の姓を統一しないことを求めているわけではないく、統一したい人は統一し、統一したくない人は別姓であることを認めて欲しいと言っているだけです。また、「家族の一体感」とか「きずな」というのは、当事者が考えれば良いことであって、他人が認定することではありません。

 夫婦別姓を可能とする判決を期待しております。
 そして同時に、法律婚をしない自由を認める社会になって欲しいと思っています。
 なぜ、夫婦になるのに届出がいるのでしょうか。
 
 憲法24条1項は「婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立し、・・」と規定し、なんらの方式を規定していません(「両性」の部分に関しての争点は置いておきます)。2人が夫婦になろうと合意すれば夫婦です。家族となります。役所への届け出は、憲法の文言上は不要です。
 
 法律婚をしたいけれど姓を変えたくないので法律婚ができないと悩んでいる人が法律婚をできる制度になえればいいなあと思いますが、同時に、法律婚をすることを選択しない人に不利益のない制度にもなって欲しいです。

 届け出をして戸籍を同一にして家族になりたい人も、戸籍は別だけど家族になりたい人も、どちらも優劣・損得の無い社会になって欲しいと思います。

 「除夜の鐘 おれのことならほっといて」(中村伸郎)

広告