子供に勉強させるには

[ 弁護士 吉田恒俊]

誰もが子育てで悩むことがあります。特に、母親は勉強をしない子供に勉強をさせることに神経を使います。小学校から受験競争を勝ち抜くためのノウハウ本がたくさん出ています。どれを読んだらいいか、お母さん達はそこで迷います。本はよく売れているようですが、成果があったとして定番となるようなものは聞きません。

その理由は、買っても読まないで積んどくだけ、読んでも理解できない、理解できても実践しない、そもそも我が子には合わない、等が考えられます。私と同じ事務所の佐藤弁護士は、奥さんが最近有名になっている佐藤亮子さんです。佐藤夫妻の上の3人の男の子は現在東大医学部(理Ⅲ)在学中です。4番目の娘さんは来春受験ですが、東大法学部に進学し、佐藤弁護士の後継になってくれるといいのですが・・・。

亮子さんは「尾木ママ」ならぬ「佐藤ママ」などと言われていますが、すでに「灘→東大理Ⅲの3兄弟を育てた母の秀才の育て方」など数冊の本を出しています。どの本も分かりやすくて実践的ですから、子育ての終わった私も、我が2人の子どもにもこうすればよかったと思うところが多いです。もっとも子育ての中心は妻でしたから、妻がその気になることが前提ですが。

ところで、先日のテレビで、ある女性研究者が、統計上のうらづけがあるとして、子供に勉強させるには「勉強しなさい。」と言っても逆効果だ、それより目先のご褒美をちらつかせた方がいい、という説を発表していました(ご覧になった方もおられると思います)。「子どもはとにかくほめたおす。」、そして「勉強を嫌がる子には成功体験を与える。」という「佐藤ママ」本を補完するとも言えるでしょうか。

私の孫である小3男児も休暇に帰ってきたら遊びまくって、宿題もなかなかしないので、母親である娘はやいやい言っています。それでも勉強しないのですが、静岡の自宅では力尽くでやらせているようで、教育上はどうかなあと心配しています。

私は、佐藤弁護士からもらった奥さんの本を、読んだらすぐ娘に回しています。リビングでの勉強は「佐藤ママ」の教えの1つですが、娘なりに少しは実践しているようです。ほめるだけでなく、目先のえさで釣るような上記学者の説は、情操教育上まずいのではないかという意見もありますが、「ものは試し」で、娘に勧めてみようと思っています。これだと結果はすぐに現れますから、どんな結果が出るか楽しみです。
(2016/09/26)

広告

共謀罪の導入を許してはならない

[弁護士 佐藤 真理]

犯罪行為がなくても、複数の人が話し合い合意しただけで犯罪とされる「共謀罪」法案が、再び国会に提出されようとしています。

共謀罪法案は、2003年以降、3度、国会に提出されましたが、広範な市民の反対の声により成立を阻止してきました。
ところが、安倍内閣は、2020年・東京オリンピックに備えての「テロ対策」との口実で、「組織的犯罪集団に係る実行準備行為を伴う犯罪遂行の計画罪」を新設しようとしていますが、その実質は共謀罪です。

刑法は、犯罪が実行され、結果が発生した場合に罰する「既遂」処罰が原則です。しかし、共謀罪は具体的な行為がなくても、犯罪について「話し合い合意した」(共謀)だけで処罰されます。これは危険な意思=「内心」を処罰するようなものです。

今度の法案では、適用対象を旧法案の「団体」から「組織的犯罪集団」に限定したといいますが、「組織的犯罪集団」との定義は不明確で、処罰対象が広く、捜査機関の判断に委ねられることに変わりはありません。共謀罪を適用する範囲も、「法定刑の長期が4年以上の懲役・禁固の罪等」であり、その犯罪数は600を超えます。テロのような重大犯罪に限らず、キセル乗車(詐欺罪)や万引き(窃盗)など、凶悪といえないような犯罪まで広く含まれます。労働組合員が居酒屋で、「社長は横暴過ぎる、殴ってやりたい」「そうだ、殴ってやろう」と会話しただけで犯罪とされかねません。

今年の通常国会で、電話や電子メール、SNSにいたるまで、警察が第三者の立ち会いなく監視できる「盗聴法大改悪」の法律が成立しました。これに共謀罪が加わると、テロ対策の名の下に、市民団体や労働組合内での会話が広く監視・盗聴され、市民社会のあり方が大きくかわることになります。

テロ対策を装う、市民弾圧法=「共謀罪」法案を断固、阻止しましょう。
(2016年9月13日)

カテゴリー: sato

クーラーなしでがんばっています

[弁護士 岡本 洋一]

 事務所にはもちろんクーラーがあります。クーラーがないのは自宅です。なぜないのか、特に理由はありません。元々、暑さに強いのかもしれません。

 年初めのブログで、遺跡発掘の仕事をしていましたと書きました。昨年の今頃は、遺跡発掘中でした。当然ですが、遺跡発掘の仕事は屋外で、しかも半分は土木作業です。休憩室にはクーラーはあるものの、炎天下、汗だくになりながら仕事をしていました。私はどちらかというと色白の方ですが、さすがにその当時は、真っ黒に日焼けしていました。

 摂取する水分量も尋常でありません。夏の一番暑い時期には、2.5リットルほどのお茶を持って行きました。暑さに対する感覚もズレていました。今日はちょっと涼しいなと思ったら、気温が32度しかありませんでした。さすがに36度を超えると、つらかったですが。

 間もなく夏が終わりますが、今年はクーラーのある部屋での仕事が中心でしたので、何か物足りなさを感じてしまいます。やはり、夏は汗だくになるぐらいが丁度いいですね。