子供に勉強させるには

[ 弁護士 吉田恒俊]

誰もが子育てで悩むことがあります。特に、母親は勉強をしない子供に勉強をさせることに神経を使います。小学校から受験競争を勝ち抜くためのノウハウ本がたくさん出ています。どれを読んだらいいか、お母さん達はそこで迷います。本はよく売れているようですが、成果があったとして定番となるようなものは聞きません。

その理由は、買っても読まないで積んどくだけ、読んでも理解できない、理解できても実践しない、そもそも我が子には合わない、等が考えられます。私と同じ事務所の佐藤弁護士は、奥さんが最近有名になっている佐藤亮子さんです。佐藤夫妻の上の3人の男の子は現在東大医学部(理Ⅲ)在学中です。4番目の娘さんは来春受験ですが、東大法学部に進学し、佐藤弁護士の後継になってくれるといいのですが・・・。

亮子さんは「尾木ママ」ならぬ「佐藤ママ」などと言われていますが、すでに「灘→東大理Ⅲの3兄弟を育てた母の秀才の育て方」など数冊の本を出しています。どの本も分かりやすくて実践的ですから、子育ての終わった私も、我が2人の子どもにもこうすればよかったと思うところが多いです。もっとも子育ての中心は妻でしたから、妻がその気になることが前提ですが。

ところで、先日のテレビで、ある女性研究者が、統計上のうらづけがあるとして、子供に勉強させるには「勉強しなさい。」と言っても逆効果だ、それより目先のご褒美をちらつかせた方がいい、という説を発表していました(ご覧になった方もおられると思います)。「子どもはとにかくほめたおす。」、そして「勉強を嫌がる子には成功体験を与える。」という「佐藤ママ」本を補完するとも言えるでしょうか。

私の孫である小3男児も休暇に帰ってきたら遊びまくって、宿題もなかなかしないので、母親である娘はやいやい言っています。それでも勉強しないのですが、静岡の自宅では力尽くでやらせているようで、教育上はどうかなあと心配しています。

私は、佐藤弁護士からもらった奥さんの本を、読んだらすぐ娘に回しています。リビングでの勉強は「佐藤ママ」の教えの1つですが、娘なりに少しは実践しているようです。ほめるだけでなく、目先のえさで釣るような上記学者の説は、情操教育上まずいのではないかという意見もありますが、「ものは試し」で、娘に勧めてみようと思っています。これだと結果はすぐに現れますから、どんな結果が出るか楽しみです。
(2016/09/26)

広告