孫達との夏休み

[ 弁護士吉田恒俊 ]

 静岡に住んでいる専業主婦の娘は夏休みにはいつも3人の孫を連れて帰ってくる。今年も8月1日に来て19日に戻っていった。その間、私と妻は大忙しである。特に私は遊びと宿題の相手をしたり、おもちゃや本を買ってやったりとスキンシップでのお付き合いである。ゆっくり新聞を読む暇もない。

 女児4歳、同6歳、男児9歳の3児は同い年のように遊んでいる。喧嘩をしても、お兄ちゃんだから譲ってやるという発想はない。最近の傾向のようだが欧米流に対等に育っている。3人とも昆虫が好きで動く物はムカデや蜂を除いて何でも捕る。セミ、トンボ、バッタからカエルやザリガニも好きである。上の子と下の子などは平気でカエルやトカゲをつかむ。私と違って蛇も恐くないらしい。

 感心なのは夜になったら、その日に捕った生き物は全部逃がしてやることだ。男の子は始めは悔しそうにしていたが、死んだら可哀想という娘や私の教えに従ってくれる。

 東吉野村の旅館に1泊して川遊びをしたときは、子供らは澄んだ冷たい川に浸かって魚を追いかけていた。空気も綺麗である。ところが、部屋は掃除が行き届いているとは言え、ススメバチが紛れ込んできたりすると、大騒ぎになる。生の自然と接することの少ない子供らには驚異のようである。都会派の娘などはお化け屋敷のようだとひどいことを言う。ディズニーランドや遊園地など人工の「快適な」施設での遊びに慣れている子ども達には、もっと自然と付き合ってほしいと思う。
 
 宿の女将さんは、沢山の子ども達のグループは、来ても川遊びをしないで離れたプールに言ってしまうと嘆いていた。20日から静かな時間が戻って、土日返上で溜まった仕事をやるという毎年のパターンも、終わったら寂しいものである。

広告

ならまち散歩(元興寺)

[弁護士 岡本 洋一]

普段は東大寺や興福寺の境内を散歩することが多いですが(ただし、拝観料がいらない範囲ばかりです)、年に数回元興寺を訪れます。

元興寺は、境内はそれほど広くなく、周りを民家に囲まれており、案内板でもなければ気付かずにそのまま通り過ぎてしまいそうなところにあります。東大寺や興福寺とともに世界遺産に登録されていますが、観光客はまばらです。落ち着いた佇まいがあり、大変気に入った古刹です。

今回訪れたのは桔梗の花が見頃の7月の連休中でした。それでも境内は普段よりは人が多かったものの、いつもどおり落ち着いた雰囲気でした。おかげで、いつもどおりゆったりとした時間を過ごすことができました。

元興寺はその前身である法興寺(飛鳥寺)を飛鳥の地から遷したものです。法興寺は蘇我馬子が建立した寺ですが、その蘇我宗家を滅ぼして権力を奪取したのが中臣鎌足です。その鎌足の子藤原不比等が栄華を誇る平城京の地に、蘇我氏所縁の寺が遷されたというのも不思議です。