ならまち散歩(元興寺)

[弁護士 岡本 洋一]

普段は東大寺や興福寺の境内を散歩することが多いですが(ただし、拝観料がいらない範囲ばかりです)、年に数回元興寺を訪れます。

元興寺は、境内はそれほど広くなく、周りを民家に囲まれており、案内板でもなければ気付かずにそのまま通り過ぎてしまいそうなところにあります。東大寺や興福寺とともに世界遺産に登録されていますが、観光客はまばらです。落ち着いた佇まいがあり、大変気に入った古刹です。

今回訪れたのは桔梗の花が見頃の7月の連休中でした。それでも境内は普段よりは人が多かったものの、いつもどおり落ち着いた雰囲気でした。おかげで、いつもどおりゆったりとした時間を過ごすことができました。

元興寺はその前身である法興寺(飛鳥寺)を飛鳥の地から遷したものです。法興寺は蘇我馬子が建立した寺ですが、その蘇我宗家を滅ぼして権力を奪取したのが中臣鎌足です。その鎌足の子藤原不比等が栄華を誇る平城京の地に、蘇我氏所縁の寺が遷されたというのも不思議です。

広告