<地球生命体の話 上> 宇宙は1400億年、地球生命はあと5億年?

[弁護士 吉田 恒俊]

ご存じですか?この宇宙が膨張を加速しています。だから、いつか風船が割れるように宇宙がばらばらに引き裂かれる日が来るに違いありません。その日は「ビッグリップ」と呼ばれて、宇宙最後の日であります。先日(9/26)、日米の研究チームがハワイ島のすばる望遠鏡を使った観測成果として、ビッグリップは1400億年先の話と発表したのです。私は、そんなに長く宇宙は安泰なんだと一瞬ホッとしました。ところがみなさん、地球の命はもっと短いらしいです。

地球は太陽のお陰で今の生命体を維持していますが、今から46億年後には太陽が寿命を迎えて膨張して、地球が丸焦げになって飲み込まれるか、今より大きな公転周期をとるかのどちらかになるそうです。しかし、実際はそれよりもずっと前の10億年後には、地球上の生命圏が終わりを迎えるんだそうです。

なぜかと言うと、太陽が今後光量を上げ続けて、遅くとも10億年後には海水が全て蒸発するか、蒸発しなくても5~7億年後には海水がマントルに吸収されて海は消滅してしまうからです。だから、天文学的には、地球生命の寿命は控えめに見てこれから5億年というところでしょうか。当然、水がなければ生命を維持することはできないので、地球上の生命は5億年後には終わりを迎えるということです。

何だ、5億年も先のことか、と安心しないで下さい。確かに、現生人類が誕生して25万年、そして人類の歴史が始まって約3000年ですから、5億年は途方もなく長い先のことです。しかし、だからといって我々は5億年安心して暮らせる、と思ったあなた、実はそうはうまく行かないのです。そのわけは次回に。
2018/10/02

広告