私の好きな漫画

[弁護士 中谷祥子]

 突然ですが、私が最も好きな漫画は、「ガラスの仮面」です。
 国民的少女漫画(中谷調べ)であるこの漫画をご存知ない方がいらっしゃるのか(いや、いない。)。
 ・・・とは思いますが、念のため解説しておきます。

 ガラスの仮面は、平凡な女の子「北島マヤ」が、大女優「月影千草」に演劇の才能を見いだされ、演劇の道に進み、様々な困難にあうも、大都芸能の鬼社長「速水真澄」に紫の薔薇の人として影から支えられながら成長し、ライバルの芸能界のサラブレッド「姫川亜弓」と幻の名作「紅天女」を演じるために競い合う、という演劇漫画です(49巻分を一言で説明するのは難しいけれど、こんな感じでしょうか?)。

 少女漫画ですが、スポ根漫画要素を併せ持つので、どなたでも十分楽しめるのではないかと思います。
特に、平凡と思っていた「北島マヤ」が本当は天才で、天賦の才能を持っていると思われていた「姫川亜弓」が、本当は努力の人である、というところにこの漫画の面白さがあるように思います。
 やはり主人公を応援したい。一方で、努力すれば何でも叶う、というところを見たい。どちらにも紅天女になって欲しい。現在、ガラスの仮面は、何度目かの連載&新刊長期休止状態ですが、早く完結して欲しいような、どちらになるか決まってしまうのは嫌なような。(・・・ああでもやっぱりそろそろ終わって欲しいですよねぇ。)

 そうそう、この「紅天女」の舞台である「幻の梅の谷」、これは、奈良にあるとされています。
そして、マヤが「真夏の世の夢」を演じた野外劇場、マヤと真澄様が乗ったボート、マヤがバイトしていた茶屋があった場所は、「井の頭公園」だと思われるのですが、それは、吉祥寺にあります。
 吉祥寺は、私の実家の近くです。奈良は、当事務所のある場所です。大好きな漫画の所縁のある場所で、幼少期も現在も過ごすことができ、私はとても嬉しいです。マヤのように才能はないですし、亜弓さんのように血の滲むような努力ができているのか疑問ですが、マヤのように一心不乱に一つのことに取り組む姿勢や、亜弓さんのような気概は、持っていたいものです。
 全く語りたりませんが、今回はこの辺で。

つづく(かもしれない)
※ よくよく考えたら、ももクロ、ガラカメと、中谷のヲタク的側面を立て続けにご披露してしまいましたね。お見苦しい箇所がありましたらすみません。

「ライブ日記」~平成の香り

[弁護士 中谷祥子]

 3月16日の日曜日、ライブビューイングに行ってきました。ももいろクローバーZの国立競技場でのライブ。紅白歌合戦出場の次に掲げられたももクロちゃん(ももいろクローバーZの愛称です。)たちの夢、国立競技場でのライブが実現したのです。

 と、前回のパロディで始まりましたが、今回は山﨑弁護士ではなく中谷がライブビューイングに行ったのでした。
 ライブビューイングとは、遠く離れた会場のため、ライブに行けなくても、チケットがとれないため、ライブに行けなくても、近くの映画館でライブを生放送で見ることができる、というものです。首都圏に住んでいない者からすると、素晴らしいシステムですね。
 というわけで、私は、国立競技場まで遠征をしたわけではなく、大阪の映画館で、ももクロちゃんのライブを見たわけでした。
 ライブでのももクロちゃん達は、この一瞬一瞬を純粋に心から精一杯楽しんでいる様子で、それを見ている私も、自然と笑顔になることができ、楽しい一時を過ごすことができました。
 最後の挨拶にあった「みんなに笑顔を届けるという部分で天下を取りたい。」という素敵な夢も、きっと叶うのではないかと思わせるものでした!
今度は日産スタジアム・・・ライブビューイングはいいけど・・・でもやっぱり会場に行けたらいいなぁ。
 なお、ちなみにですが、私は「あーりん推し」です★

もっと身近に感じてもらうために

[弁護士 中谷祥子] 

 先週の土曜日は、奈良で一大イベントがありました。さて、それは何でしょうか?

 若草山山焼き?
 ・・・それもありましたが、その話をしたいのではありません。
 奈良ラーメン博?
 ・・・それもありましたが、その話をしたいのではありません。
 正解は、奈弁まつりでした。

 奈弁まつりとは、奈良弁護士会の会館(近鉄奈良駅近くにあります。)で、シンポジウムとちょっとしたお楽しみ企画を行うイベントです。今年度は、離婚の際の養育費と面会交流についてのシンポジウムが行われました。
 ちょっとしたお楽しみ企画としては、たこ焼き・綿あめの無料振る舞いや、ヨーヨー釣り、詰碁・詰将棋を行いました。私はこちらの企画の責任者でしたので、市民の皆様に喜んでもらえるかどうか内心ドキドキでした。ですが、来場者の方から「こんなことをしてくれるなら、毎回来るわ~。」とのお言葉をいただき、人数的には大盛況とはいかないまでも、結果としては大成功だったのではないかと思う次第です。

 お祭りの主目的は、もちろん、シンポジウムです。なぜ、こんなお遊び企画があるのか?
 弁護士というと、どうしても敷居が高いものと思われがちです。市民の皆様に、奈良弁護士会ってどんなところだろう?弁護士ってどんな人だろう?ということを知ってもらい、もっと身近に感じてもらい、奈良弁護士会館に足を運んでもらいたい、そう私は思います。その一つとして、この企画があるのだと思っています。
 次回の奈弁まつりでは更なるバージョンアップを企んでいるところです。奈弁まつりのときも、そうでないときも、皆さまどうぞお気軽に奈良弁護士会館に足を運んでくださいね!

過保護に育てられています

[弁護士 中谷祥子]

 私は、体調管理には自信がある方なのですが、少し注意散漫だったのか、先週久しぶりに風邪を引きました。

 月曜日、私がなんだか頭が痛いと言うと、吉田弁護士が症状を聞き取り、事務所に置いてある常備薬から症状に見合う漢方薬を探してくれました。

 火曜日、私が咳き込んでいたところ、山﨑弁護士がのど飴を一箱くれました。

 水曜日、引き続き顔色が悪い私を見て、藤澤弁護士がみかんをくれました。

 木曜日、意識朦朧としている私を見て、佐藤弁護士は、知り合いの漢方の先生に電話をかけ、その先生のところまで漢方薬をとりに行ってくれました。

 金曜日、ぐったりしている私を見て、藤澤弁護士が、法律相談の担当を代わってあげるから早く帰りなさいと言って、早退するよう勧めてくれました。

 また、事務局も心配して、毎朝入れてもらっているお茶が葛湯に代わっていたり、私の机の上にたくさんのど飴が置かれていたりしていました。

 そんなこんなで丸々1週間かかってしまいましたが、やっと体調が回復しました。

 先週は、所員の皆さまの温かさと優しさを改めて強く実感した1週間でした。この場を借りてお礼を申し上げたいと思います。いつもありがとうございます。

 今週から恩返しをするべく、またシャキシャキ働きたいと思います!

弁護士観察日記1

[弁護士 中谷祥子]

 今回は、当事務所の佐藤真理弁護士についてお話したいと思います。
 佐藤弁護士は、私の司法修習のときの指導担当弁護士でした。
私の弁護修習は、一言でいうと、「パワフルでエキサイティング」でした。これは佐藤弁護士を表す言葉でもあるでしょう。

 そんな佐藤弁護士には、意外とお茶目な一面があります。
 佐藤弁護士は、大分にいらっしゃるお父様に会いに週末よく大分に帰省されるのですが、先日も土曜日の午前中に事務所で仕事をして、それから大分に帰られました。
 事務所を出る直前、佐藤弁護士は、偶然事務所にいた私に、
「僕は日曜日の午後7時頃に事務所に戻ってくるから。」
となぜか帰宅日時を告げました。
 それだけでなく、佐藤弁護士は、更に続けて、
「待っててくれていいからね。」
とニヤっと笑いながら言ったのです。

 そんなお茶目な一言につられたわけではないのですが、結局その週末は事務所で佐藤弁護士の帰宅を待ってあげることになり、佐藤弁護士も帰宅時に私と冨島弁護士が事務所にいるのを見て、満足そうにしておられました。
 佐藤弁護士や他の所属弁護士の面白い話は、まだまだたくさんありますので、またお伝えしたいと思います。他人をネタにすると自分もネタにされる恐れがありますので、今後は言動に注意していきたいと思います。

タクシー運転手の味方です。

[弁護士 中谷祥子]

 先月、一足お先に夏休みをいただき、朝岡法律事務所の朝岡弁護士と共に、マレーシアのペナンに行ってきました。
 そこで出会ったタクシー運転手の方と、色々な話をしていたところ、職業を聞かれてしまい、嘘もつけずに「弁護士」であることを告げると、次はどんな事件が専門なのかを聞かれました。

 このどんな事件が専門か、という質問は、よく皆様から聞かれる事柄です。しかし、奈良の弁護士の多くが、ある分野に特化してそれだけの専門家として担当するというのではなく、いわば何でも屋としてどんな分野の事件でも担当しているのではないでしょうか。私も後者に属するかと思います。
 そのため二人してどう返答すべきか迷ってしまったのですが、日本のタクシー事情をマレーシアのタクシー運転手にお知らせしてみようと、朝岡弁護士と共同で受任しており、今年の冬のニュースでご報告した、帝産キャブ奈良労組事件の話をしてみました(詳細は冬のニュースをご参照ください。)。
 冬のニュースでご報告した時点では、二つの訴訟が係属中でしたが、今年3月に未払賃金請求訴訟について勝訴判決をいただくことができ、無事未払賃金を回収することができました。

 以上のような話を二人で四苦八苦しながら伝えてみると、マレーシアのタクシー運転手も、低廉な賃金で働いているようで、「君たちはタクシー運転手の味方なんだね!」と、いたく感激されました。
 誰かの「味方」と言われると、なんだか気恥ずかしい気持ちになりますが、依頼者の方に「私の味方だ」と思ってもらえるような仕事をしていけたらと思います。

一枚の葉書

[弁護士 中谷祥子]

 5月4日、友人の結婚式・披露宴に参列しました。結婚式・披露宴に参列する際、ヘアメイクを美容院でしてもらうことがあると思います。私も今回はヘアメイクを頼みました。担当してくださった人は、同年代の女性で、初対面でしたがとても話しやすい人でした。彼女のおかげで、楽しく綺麗になることができ、朝早起きした甲斐がありました。

 そして、楽しかったゴールデンウィークも終わり日常が戻ってきた5月7日、一枚の葉書が届きました。それは、ヘアメイクの彼女からの直筆のお礼の葉書でした。消印は5月5日でした。
 葉書を書くという作業は、意外と手間がかかり大変なものです。それにもかかわらず、私を担当してすぐに葉書を書いてくれた細やかな心遣いに、感動しましたし、嬉しく思いました。また、ヘアメイクの間に、私が眉毛の手入れに悩んでいるという話をしたのですが、それについても、女の子(おそらく彼女の自画像かと思います。)が「眉に自信を持って下さい♡」と励ましているイラストが付いていて、その点も微笑ましく感じました。
 
 弁護士もある意味ではサービス業です。私も、彼女を見習って、ご依頼者の皆様に細やかな心遣いができるように心掛けていきたいと思った出来事でした。