飛鳥学冠位叙任試験を受験してきました

〔弁護士 中谷祥子〕

 平成27年10月12日に、飛鳥学冠位叙任試験(入門編)を受験して来ました。

 これは、古都飛鳥保存財団が主催している飛鳥に関する幅広い知識を問う試験で、冠位十二階に倣い、成績優秀者には冠位(入門編は大義まで)が与えられるという試験です。

 入門編は、募集要項には、「易しい試験です」と記載があり、かつ、明日香地域の5つのポイントを回って問題を解くというクイズラリー形式とあったので、特に予習をすることもなく、ハイキング気分で参加しました。

 ところが、このような呑気な心構えは甘かったのです!!!
 蓋を開けてみれば、驚くほどの難問でした(当職調べ)。

 例えば、物部氏の拠点はどこ?、飛鳥寺の塔心礎から出土した宝物の中にあった物は?、万葉集の「大口の」とはどこの地域の枕詞?漆喰でつくられていない古墳はどれ?などなど・・・。
 
 一応回答は4択から選ぶ方式でしたが・・・私にとってはちんぷんかんぷんなものばかりでした。

 それでも、「試験」という言葉がつくものには、投げ出さずに真面目に取り組むべきものと思ってしまうのが職業柄?なのでしょうか。一緒に参加した友人と、ない知識と想像力を振り絞り、5つのポイントを巡りながらどこかにヒントが落ちていないか注意を張り巡らし、なんとかかんとか全ての解答欄を埋めました。

 そんな悪戦苦闘を繰り広げたため、体も頭もへとへとになりました。結果は芳しくないでしょうが、なぜか非常に充実した一日に感じ、次回も参加したいと思いました。

 今回参加されていた方は二回目、三回目の方も多くいらしたようです。皆さん難問奇問をつきつけられて、飛鳥学に魅了されていくのかもしれませんね。

 次回はがっちり予習していきたいものです。

広告

母強し

〔弁護士 中谷祥子〕

 この奈良合同法律事務所ブログは、毎週月曜日更新です。吉田→佐藤→北岡→山﨑→藤澤→中谷→冨島の順番で書いています。前回のブログは、6月16日、担当は藤澤弁護士ということで、今回のブログは6月22日に中谷が書く予定でしたが・・・本日は7月14日・・・。
 毎週楽しみにしていた方がもしいらっしゃいましたら、すみませんでした。お待たせいたしました。

 さて、佐藤亮子さんの『「灘→東大理Ⅲ」の3兄弟を育てた母の秀才の育て方』という本を皆さんはご存知でしょうか?実は、この著者は、我らが猛犬(2015年事務所ニュース参照)の佐藤真理弁護士の奥さんであります!!

 ・・・そんなわけで、私も発売と同時にサイン入り(!!)の著書を一冊いただいていたのですが、それから早半年。なんとなく一般的に教育本というものに抵抗を感じていたので、ずっと読まずにおりました。

 しかし、佐藤弁護士からも「結婚したんだからいつかのときのために読んでみて」と何度も勧められますし(中谷実は結婚しました!)、佐藤弁護士を知る弁護士仲間からも、本の感想を求められるので、これも勉強の一つとして、読んでみました。

 読んでみたら、(失礼ですが)予想外に面白かったです。
 ノート作りの仕方や使っていた参考書など、「あー、これ私もやったなぁ」と思い出し、懐かしく感じました。また、遅刻をしないために佐藤家では「家の時計を20分早くしている」そうですが、佐藤弁護士がいつも期日へ行くのも打合せも、予定の時間よりもかなり早く「行こうよ」と言い出すのは、ここに理由があるのかもしれないと思いました。何より法廷や街頭宣伝で闘う佐藤弁護士からは想像できない楽しく温かい家庭の様子が垣間見れ、ほっこりしました。

 そして、この本を読んで一番感じたことは、母の子に対する深い愛情でした。その中で、自分の母のことを思い出しました。もちろん、私の母親は、この本のような接し方をしていたところもありますが、そうでないところの方が多かったです。それでもこの本の通奏低音として流れている普遍的な母の愛情というのは共通で、母への感謝の気持ちを強く感じました。
 
 もう少し電話をしたり、帰れるときには帰ったりして、親孝行していけたらなぁと改めて思いました。

新生活

〔弁護士 中谷祥子〕

 桜も見ごろを過ぎ、だんだんと春の陽気になってきましたね。
 新年度が始まり、心機一転。私の生活も新しくなりました!

 今年の奈良合同ニュースで希望していた「引っ越し」が出来ました。
 働きながらの引っ越しはなかなか大変でした。

 先週末で一応引っ越しは完了し、新しい町で新しいおうちで、
新たな一歩が踏み出せそうです。
 ・・・今は段ボールだらけで足の踏み場がないんですけど。

四コマ漫画初挑戦しました!

〔弁護士 中谷祥子〕

 皆さんは今年の奈良合同ニュースは見ていただけたでしょうか?
 奈良合同のニュースの目玉と言えば、巻末の四コマ漫画と言えるでしょう。

 例年は、我が事務所の漫画家、石田さんが描いてくださるのですが、今年は、なんと中谷が書きました。見てくれましたか?? 
 ネタには事欠かない奈良合同ですが、画力が追い付かなくて、苦労しました。

 小さい頃は、漫画家になりたいと思った時期もありましたが、いざ、描いてみると難しいものですね。毎年面白い漫画を安定の画力で描いてくれている石田さんに改めて感謝の気持ちを持ちました。

 なお、ニュース発行から約2か月が経ちましたが、特に四コマ漫画の反響はなく・・・ちょっと寂しく思っていますので、中谷を見かけたら、ぜひ、お声かけをいただけたらと思います!!

そうだ!選挙に行こう!

〔弁護士 中谷祥子〕

 中谷です。しばらくぶりのブログです。

 ブログの内容を考え始めて2週間、あれよあれよと衆議院が解散し、昨日公示されました。
 今回の選挙の投票日は、12月14日(日)AM7:00~PM8:00です!
 前回の衆議院選挙の投票率は、59.32%で、戦後最低の投票率だったそうです。

 選挙は、私たちの権利です。国政は、どこか私たちの生活に直接関係ないようにも思えます。しかし、本当に関係ないことなのでしょうか。消費税、派遣労働の問題、子育ての問題、介護の問題、年金の問題などなど、あなたの今の生活に本当に関係ありませんか?

 これらの問題について、私たち国民が直接話し合うことはできません。私たちにできることは、自分の選んだ誰かにそれを託すことです。その手段が選挙です。

 でも、12月14日は用事があって選挙には行けないよ、という人には、期日前投票というものもあります。本日から13日まで、各市町村に設置されている期日前投票所に行けば、投票することができます。基本的に、曜日に関係なく連日午前8時半~午後8時までやっていますからお仕事の帰りにでも行けますね。
 
 具体的な期日前投票の場所等については、お住まいの市町村にお聞きください。例えば、奈良市では以下の頁にお知らせが挙がっていますのでご参考にしてください。
http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1416711222249/index.html
 
 自分の生活がどうなるのがいいのかを、自分で考え変えていくために、皆さん選挙に行きましょう!

奈弁まつり2014

[弁護士 中谷祥子]

 今年度も奈良弁護士会館にて、奈弁まつりが9月27日(土)に開催されます。
 今年度も私が委員長を務める厚生委員会は、いわゆるお楽しみ企画の担当となっています
 (念のため申し添えますと、厚生委員会は弁護士の福利厚生に資する活動を考える委員会であって、お祭り担当委員会ではありません)。

 今年度は初の屋外。
 奈良弁護士会館の駐車場スペースを使って、BBQインストラクターの資格を有する弁護士が焼くフランクフルト、当事務所の冨島弁護士が作るかき氷の無料振る舞いの他、スーパーボールすくいをやっています。
 さらに、1階受付付近では、詰碁詰将棋もやっています。また、随時こまちゃん撮影会もあります!

 また、奈弁まつりの本筋であるシンポジウムは、今年度は「私たちも普通に働きたい」という題名で、障がい者雇用についてです。
 それに関連して、障がい者支援事業所の皆さまがクッキー、お豆腐などを販売しますので、そちらもぜひのぞきに来てくださいね!
 詳細は、奈良弁護士会ホームページにてご確認下さい。
 http://www.naben.or.jp/news/2637/

 最後に蛇足ですが、来年度に向けて、いいお楽しみ企画ネタを持っている方は、私にこっそり教えてくださいね~。

こまちゃんうちわ

[弁護士 中谷祥子]

朝から蒸し暑く、夏の気配が漂ってきましたね。
さて、暑い夏を少しでも涼しくする手段は何でしょうか?
クーラー?扇風機?
いやいや、これですよね!!

P1060674-2

このうちわは、奈良の夏の風物詩「燈花会」(8月5日~14日)が開催される頃、近鉄奈良駅行基前周辺で配布される予定です。
奈良弁護士会公式マスコットキャラクター「こまちゃん」も出動するかも?
こまちゃんと奈良弁護士会員が汗だくになりながら、配布しているのを見かけましたら、
皆さん、ぜひ受け取って、自然な涼しさを感じてくださいね。